2009年12月31日木曜日

じぇんとる麺(醤油) / こうへい (喜多方市)

 世の中のラーメンには背脂を散らすサービスがある。

いわゆる「背脂チャッチャ」だ。

このサービスはほとんど場合、50円~150円程度の追加料金が徴収される。

私はこの追加料金が妥当なものなのか判断できず、いつも悶々とする。


   チャッチャ料金=背脂材料費+光熱費+チャッチャ技術料


このチャッチャ公式により追加料金は算出されているはずだ。

光熱費は知れた物である。

チャッチャ技術料も知れた物である。と思う。

『俺っちはよぉ、チャッチャ2級技術士の資格もってっから、お天道様の下で堂々と、何はばかる事なくチャッチャできんだぜい』などと言っているラーメン屋を見た事が無いから、特殊な技術ではないはずだ。

チャッチャ悶々問題の根本原因は背脂材料費が幾らなのか解らない所にある。

近所の肉屋に「背脂あります」等と書かれたノボリが立てられているのを見たことも無ければ、スーパーの精肉売り場に背脂が並んでいる所も見た事が無い。

だから値段が判らない。

チャーシュー麺なんかのチャーシュー乗っけ料は、材料費も光熱費も手間代もおおよそ見当が付くので、「この店のチャーシュー麺はお徳な感じだなぁ」とかの感想が出てくるのだ。


このチャッチャ悶々問題を一気に解決してくれる店が喜多方に在る。

以前、漆黒ラーメンで紹介した“こうへい”である。

全てのラーメンメニューに無料でチャッチャしてくれる。

で、チャッチャした物を「じぇんとる麺」と呼ぶ。

『タダでチャッチャすんだから、名前くらい好きに付けさせてくれよ』と言わんばかりの傍若無人的命名である。

初めて「じぇんとる麺」と聞いただけで、背脂を散らしたラーメンを的確に思い浮かべる人間がどれだけ居るだろうか。

私なんかの俗人は、“スッキリとしたスープに細目の麺”という正反対のアッサリ系ラーメンを思い浮かべてしまう。

背脂がジトジトと浮いているラーメンの姿は、私的には「田吾作どん」って感じである。

チャッチャ悶々の金銭面の問題は解決したものの、新たに命名問題が生まれてしまった。

生まれいずる悩み。


今回は醤油ラーメンのじぇんとる麺をお願いした。

メニューには、「すべてのラーメンにジョイント OK」とだけしか書かれていないので、各ラーメンと組み合わせたときの呼び名が判らない。

注文の際、どのように伝えれば良いものかと熟考に熟考を重ねた結果、『醤油ラーメンのじぇんとる麺ひとつ、お願いします』と長々と言うと、オバちゃんは厨房に『しょうゆじぇんとる いち~!』と端的に伝えた。

じぇんとる麺(醤油) / こうへい (喜多方市)

アッサリした物を瞬時にコッテリ系に変貌させる霊験あらたかな背脂だが、その活躍の場はなぜかラーメンだけに限られている。

様々な料理がそのご利益に与っても良さそうなものだが、チャッチャ飯やチャッチャ味噌汁やチャッチャ鍋やチャッチャサラダなどの存在は風の噂にも聞いた事が無い。

なろう事ならば、私のこのパサパサした人生にもチャッチャして頂けないだろうか。


■□■ 店舗情報 ■□■

店名 : こうへい

住所 : 福島県喜多方市字沼田6981

電話 : 0241-22-4328

定休日 : 木曜日

営業時間 : 11:00~20:00

駐車場 : 無し

写真 : じぇんとる麺(醤油) 550円

0 件のコメント:

コメントを投稿